応募 - ヤマダ動画LIVEオーディション


応募

応募イベント
お名前
フリガナ
年齢
性別
 女性 男性
身長・スリーサイズ
身長
cm
B

W

H
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
希望ID

※半角英数字8文字以上
希望パスワード

※半角英数字8文字以上
自己PR
画像認証
captcha

プライバシーポリシー

ヤマダ動画LIVE運営事務局(以後:当社)は、個人情報を取り扱にあたり個人情報の秘密の保持に十分な注意を払い、個人情報の保護に関する法律をはじめ個人情報保護に関する諸法令、および主務大臣のガイドラインに定められた義務、ならびに下記事項を常に念頭に置き、お客様の個人情報保護に万全を尽くします。

個人情報の定義

本方針における「個人情報」とは、お客様または応募者から収集させていただく特定の個人を識別できる以下の情報を意味します。 1. 氏名、住所、電話番号、性別、年齢、電子メールアドレス等個人を特定できる情報 2. アンケートによる各種情報(イベント満足度、感想、次回イベント参加意向等) 3. 自動的に取得される情報(cookie、携帯電話個別識別ID、IP(インターアドレス)、ログイン情報、パスワード、コンピュータと接続情報(ブラウザ・プラグインの種類とバージョン、オペレーティングシステムなど)、商品の購入履歴等のWebサイトへのアクセス、そこからのアクセス、表示または検索した商品、お問い合せ窓口への連絡履歴、ブラウザーデータ、ページの応答時間、ダウンロード・エラー、特定のページへのアクセス時間、ページの相互作用についての情報(スクロール、クリックおよびマウスの動きなど)を含むセッション情報、およびページからの退出方法)等)

個人情報の利用目的

当社は、下記に掲げる利用目的のためにお客様または応募者から収集させて頂いた個人情報を利用いたします。

その他の目的以外に、個人情報を利用する場合は、別途連絡の上、個別にご承諾頂かない限り、利用は致しません。

・ヤマダ動画LIVE 出演登録のため

・サービス、Webサイトなどの内容を皆様がよりご満足いただけるよう改善するため

・各種マーケティング分析のため(第三者提供を含む)

・アフターサービス、苦情対応など

個人情報の第三者提供

利用目的で記載したように、機密保持契約を交したうえで第三者に対して個人情報を提供することがあります。 その他の第三者に提供されるケースは以下のとおりです。

・お客様の事前の同意・承諾を得た場合。

・法令に基づいて開示を求められた場合。

個人情報の訂正・削除

当社はお客様および応募者の方が自己の氏名や年齢・性別などの個人情報について誤った情報でないことを確認・変更できるように、問い合わせによる対応をいたします。個人情報の確認・変更は本人確認の上、照会できるようになっています。 本人確認方法については電話で折り返し、原則として名前、住所で確認を行います。 本人以外の代理人につきましては、委任状及び免許証のコピーを(本籍がある場合は黒塗りをお願いします)郵送で受付、本人確認をいたします。ただし、以下の場合には開示等の求めに対応できないことがあります。 1) 個人情報保護法上対応を要しない場合、所定の書類に不備があった場合等には、開示等の求めに対応できないこともあります。 2) 開示等の求めにともない取得した個人情報は、開示等の求めの対応に必要な範囲でのみ取り扱うものとします。 3) お問い合わせの内容によっては回答にお時間を頂く場合もございます。 4) 開示対象個人情報の利用停止もしくは消去、または第三者への提供停止の求めの結果、当該の開示対象個人情報に対するサービス等はご利用いただけなくなることをあらかじめご承知おきください。

運営者の氏名、個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名,所属及び連絡先

事業者の氏名又は名称:ヤマダ動画LIVE運営事務局

お問合せ先:info@yamada-live.jp

改訂について

当社は、法令の変更等に伴い、本ポリシーを変更することがあります。


利用規約

第1条 目的

この利用約款は、登録中の出演者が、当社がサポートするライブチャットサービス利用に際して、サービス利用に関わる全ての行為に適用するものとします。  

第2条 登録者  

  1. 登録希望者は、本約款に同意した上で、当方が指定する手続に従ってヤマダ動画LIVEの利用を申し込むものとします。
  2. 当社は、登録申請を受け付けた場合、手続き等を行った上で、当該登録申請を決定するものとします。  
  3. 当社が前項に従って登録申請を受け付けた場合、当社は当該登録申請者に対し、ユーザーIDおよびパスワードを貸与するものとし、これを当該登録申請者に通知するものとします。当該通知の到達により、当該登録申請者は登録されます。
  4. 当社は、必要に応じて本約款を変更することができるものとします。なお、当該変更された約款は、当サイト上において発表後一週間経過した時点で、その期間内に登録者が退会手続きを行わない限り、登録者によって承諾されたものとします。


第3条 変更の届出

登録者は、届け出ている登録内容に変更が生じた場合には、直ちに当社にに届け出るものとします。  

第4条 登録者資格の取消

登録者が以下の項目に該当する場合、当社は、事前に通知することなく、直ちに登録者の会員資格を取消すことができるものとします。


  1. 第9条に規定される禁止行為を行った場合
  2. 当社への申告、届出内容に虚偽があった場合
  3. 当サイト出演登録者への不適切な行為があった場合
  4. その他、本利用約款に違反した場合
  5. その他、登録者として不適切もしくは会員の継続が困難であると当社が判断した場合


第5条 著作権

  1. 登録者は、いかなる方法においても、当サイトを通じて提供されるいかなる情報も、著作権法で定める登録者個人の私的使用の範囲外で使用することはできません。
  2. 本条の規定に違反して問題が発生した場合、登録者は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。


第6条 IDおよびパスワードの管理

  1. 登録者は、会員登録手続後に当社が登録者に付与する、IDおよびパスワードの管理責任を負うものとします。
  2. IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は登録者自身が負うものとし、当社は一切責任を負うものではありません。
  3. 登録者は、IDおよびパスワードの盗難があった場合、IDおよびパスワードの失念があった場合、またはIDおよびパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに当社にその旨連絡するとともに、当社からの指示がある場合には、これに従うものとします。


第7条 会員サービスの提供

  1. ヤマダ動画LIVEは、登録者へ「お知らせ」「メールマガジン」等の電子メールによる情報を配信することができます。また、それらの電子メールに広告情報を挿入することができます。
  2. ヤマダ動画LIVEは上記以外にも、随時登録者に対するサービスを追加的に実施することができます。


第8条 サイト運用の変更等

  1. 当社は、当社の都合によりヤマダ動画LIVEサイト運用の全部を登録者に事前に通知することなく一時的に中断および中止することができるものとします。
  2. 当社は1ヵ月の予告期間をもって会員に通知のうえ、ヤマダ動画LIVEのサイト運用を長期的に中断もしくは終了することができます。
  3. 当社は理由の如何を問わず、ヤマダ動画LIVE運用の中断および終了によって生じた登録者の損害につき、一切責任を負うものではありません。


第9条 禁止事項
 

登録者は、ヤマダ動画LIVE利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。

  1. 他の登録者、出演者、第三者もしくは当社の著作権、その他の権利を侵害する行為、また侵害するおそれのある行為
  2. 他の登録者、出演者、第三者もしくは当社の財産もしくはプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
  3. 他の登録者、出演者、第三者もしくは当社に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
  4. 公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為
  5. 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
  6. ヤマダ動画LIVEの運営を妨げる行為
  7. ヤマダ動画LIVEの信用を貶める行為
  8. IDおよびパスワードを不正に使用する行為
  9. その他、法令に違反する、または違反するおそれのある行為
  10. その他、当方が不適切と判断する行為
  11. 営業活動、その他一切の営利目的の利用及びその準備を目的とした行為


第10条 (反社会的勢力の排除・解除権)

  1. 出演者(以下、甲)は、以下の各号を表明及び保証し、万が一甲が以下の各号の一に違反した場合は、当社(以下、乙)からの通知催告等何らの手続きを要せず双方の間で締結されいてる契約を解除することを承諾し、甲は乙が当該解除権の行使によって被った一切の損害を賠償致します。

    (1)
    甲が、反社会的勢力(犯罪対策閣僚会議発表「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」で定義する「反社会的勢力」をいう。以下同じ)でないこと。また、反社会的勢力でなかったこと。

    (2)
    甲が、自社の不当な利得その他目的の如何に問わず、反社会的勢力の威力等を利用しないこと

    (3)
    甲が、反社会的勢力に対して資金の提供をするなど、反社会的勢力の維持運営に協力しないこと。

    (4)
    甲が、反社会的勢力を社会的に非難されるべき関係を有しないこと

    (5)
    甲が、自ら第三者を利用して、相手側に対し暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求を行い、相手側の名誉や信用を毀損せず、また、相手側の業務を妨害しないこと。

  2. 甲は、自社が前項各号の一に違反した場合、相手側に対して有する一切の権利を放棄するものとし、また、相手側に対して負うすべての債務について期限の利益を喪失し、直ちに現金にて一括して弁済するものとします。
  3. 甲は、乙が第1項の規定に基づき契約を解除したことによって自社に損害が生じた場合であっても、乙に対し当該損害の賠償を請求しないものとする

補足

出演者(以下コンテンツプロバイダ)は、本契約書にある年齢証明書の内容をもれなく、正確かつ正直に記入し、また、居住している司法権における年齢を示す公式書類のコピーを提出しなければならない。

コンテンツプロバイダは、ヤマダ動画LIVEの社員あるいは請負契約者ではなく、ヤマダ動画LIVEの規約および規定に準拠している限り、コンテンツプロバイダの自由裁量による自己表現が許される。

ヤマダ動画LIVE上で、コンテンツプロバイダの個人情報やコンテンツプロバイダ、クライアントなどの情報を絶対に提供しないこと。

この個人情報には本名、電子メール、住所、電話番号、その他利用者や第三者がコンテンツプロバイダの身分や連絡先を突き止められるような情報一切を含む。 利用者に対し、その個人情報を絶対に要求しないこと。

直接・描写を問わず、下記に記された猥褻な内容をプログラムで送信してはならない。獣姦、排泄機能、尿や便を含む体液(放尿・浣腸など)、フィスティング、近親相姦、性的内容の極端なサド・マゾあるいはボンテージ(強姦、拷問など)、未成年による愛撫またはセックス、その他、コンテンツプロバイダが居住する地域社会およびコンテンツ送信先の地域社会で「猥褻」とみなされる内容。

モデル、人物、パートナー、従業員、独立系請負業者など、コンテンツプロバイダのビデオコンテンツ内でサービスを行
うおよび/あるいはビデオコンテンツに登場した人物に対する支払いは、100%コンテンツプロバイダの責任であり、ヤマダ動画LIVEに対していかなる責任をも要求することは出来ない。

コンテンツプロバイダは、コンテンツプロバイダが居住する国・都道府県の全法律に従い、またコンテンツプロバイダのコンテンツもこうした司法権の全法律に準拠する内容でなければならない。

コンテンツプロバイダのコンテンツ制作に関わる機器および関連経費は、すべてコンテンツプロバイダの責任とする。
本契約書の契約期間中は、ヤマダ動画LIVEのパフォーマーおよびコンテンツプロバイダとしてプログラムに参加またはログインしている最中に、同時に他のライブのウェブカメラやビデオチャットサイトに参加またはログインしたり、コンテンツプロバイダの画像や音声を配信したりすることは出来ない。

インターネット上の他ロケーション、コンテンツプロバイダやその他サービスプロバイダーへの連絡方法について、利用者と連絡を取ってはならない。

コンテンツプロバイダのコンテンツは、著作権法または登録商標法に準拠し、いかなる個人または企業の知的所有権も侵してはならない。

コンテンツプロバイダのコンテンツは、いかなる個人または企業の名誉をも毀損、誹謗、中傷してはならない。

コンテンツプロバイダはそのコンテンツに侮辱、嫌がらせ、虐待等の内容を含んではならない。

コンテンツプロバイダはそのコンテンツに政治的・宗教的内容を含んではならない。

コンテンツプロバイダのコンテンツは賭博やねずみ講などの違法行為を促進してはならない。

コンテンツプロバイダはそのコンテンツにパスワードやシリアル番号などの機密情報を含んではならない。

コンテンツプロバイダはそのコンテンツに暴力的および犯罪的内容を含んではならない。

コンテンツプロバイダのコンテンツは公序良俗を侵してはならない。

コンテンツプロバイダは、ヤマダ動画LIVEのサービス提供を妨害するあるいはその可能性のある行為、または第三者のヤマダ動画LIVEの利用に支障を与える方法あるいは態様においてヤマダ動画LIVEを利用してはならない。

コンテンツプロバイダがヤマダ動画LIVEのコンテンツプロバイダとして保持している利用者情報を、ヤマダ動画LIVEの競合他社へ通達してはならない。

コンテンツプロバイダの放映画像は明晰でピントが合っていること、又センスあふれるデザインでなければならない。
プレゼンテーションの最中には、コンテンツプロバイダは顔をカメラに向けなければならない。

コンテンツプロバイダがシステムにログイン中は、すべての利用者と積極的にチャットしなければならない。
「ヤマダ動画LIVE」の規約および規定」に反した場合、ヤマダ動画LIVEでは、権利放棄証書を取得すること無しに、ウェブサイトからコンテンツプロバイダのコンテンツを移動および/またはコンテンツプロバイダとの契約を破棄することが出来る。

コンテンツプロバイダのコンテンツ販促を目的として、スパムメールを配信することは出来ない。

a. ライセンス

コンテンツプロバイダは、アーカイブされた全てのイメージ、動画、音声、テキスト、およびヤマダ動画LIVEのウェブサイト(ヤマダ動画LIVEからの派生作品、以前の所有者および/またはアフィリエイトプログラムの製品・サービスを含む)
コンテンツプロバイダのウェブサイトならびにその他のインターネットビジネスの販促を目的としたコンテンツプロバイダの過去・現在のビデオセッションを含む同様の作品に関し、ヤマダ動画LIVEへの独占使用権を供与する。ヤマダ動画LIVEへ、
また、ヤマダ動画LIVEを介して作品を送信・提供することにより、こうした作品の使用、再生、修正、改作、パブリッシュ、翻訳、派生作品の作成およびこうした改編作品の配信、またはその使用を目的に、作品を各種形式、媒体、テクノロジーに組み込む権利が、コンテンツプロバイダよりヤマダ動画LIVEに自動的に供与される
(またはこうした権利がヤマダ動画LIVEに明確に与えられていることを保証する)。この権利はローヤリティなし、取り消し不能、サブライセンス可能の独占的権利であり、ヤマダ動画LIVEへ、また、ヤマダ動画LIVEを介して作品を送信・提供した時点で自動的に発効される。これに加え、コンテンツプロバイダは、
こうした作品内におけるいわゆる「著作者人格権」の放棄を保証する。 コンテンツプロバイダは、ヤマダ動画LIVEがこうした派生作品に対する全ての著作権を所有することに同意する。ヤマダ動画LIVEからの許可書なしに、ヤマダ動画LIVE以外の場所で、商業目的で作品を使用することは出来ない。また、コンテンツプロバイダのヤマダ動画LIVE用スクリーン名はヤマダ動画LIVEの知的所有権であり、このため、ヤマダ動画LIVEからの許可書なしでは、いかなるインターネットサービスにおいても、このスクリーン名を使用することは出来ない。

b. IDおよびパスワード管理

コンテンツプロバイダのIDおよびパスワードの管理は、100%コンテンツプロバイダの責任であり、パスワードの不正使用によるいかなる損害にもヤマダ動画LIVEは責任を負わない。

c. サービスの変更

ヤマダ動画LIVEは、事前予告なしでサービス内容の変更、新サービスの追加、サービスの一時停止または終了を行うことが出来る。こうした変更によりコンテンツプロバイダに不利益または損害が発生した場合でも、ヤマダ動画LIVEでは一切責任を負わない。

d. 規則の施行

ヤマダ動画LIVEはコンテンツプロバイダが提供する映像や会話内容を監視する義務を負わない。しかし、本規約に対する違反行為が発見された場合、「ヤマダ動画LIVEの規約および規定」または本契約書上の条項を施行するため、ヤマダ動画LIVEの自由裁量で必要措置を講じる権利を留保する。禁止事項への違反行為があった場合、ヤマダ動画LIVEは、当該コンテンツの削除や掲載場所の移動、違反行為を行った利用者の利用資格の停止または取り消し、また事前通達なしでもヤマダ動画LIVEのサービス提供を停止することが出来る。

e. サービスの中断

予測不可能なサーバや回線の不具合、災害その他不意の事態がおきた場合、ヤマダ動画LIVEは事前通達なしで、ウェブサイトをシャットダウンする。また、サーバの保守管理時にもウェブサイトがシャットダウンされる。ヤマダ動画LIVEはその内容、完全性、確実性、有用性他のサービス・パフォーマンスに対し、いかなる保証も行わない。の変更、中断、中止、またはデータの滅失、毀損、漏洩、不正使用に関連して発生した直接・間接的な損害についても、ヤマダ動画LIVEは一切の責任を負わない。

f. コンテンツプロバイダと利用者間の紛争

コンテンツプロバイダのコンテンツ(映像、口頭、書面を含む)に関する問題は、利用者とコンテンツプロバイダ間で解決を図るものとし、それによって生じた損害・問題について、ヤマダ動画LIVEは一切の責任を負わない。こうした紛争の解決に関し、ヤマダ動画LIVEは一切の責任を負わない。

g. 報酬の算定

利用者がコンテンツプロバイダのサービスを利用する場合、利用者は、その利用料金(「サービス料金」)および利用者の自由裁量によるボーナスまたはチップを支払う。ヤマダ動画LIVEはコンテンツプロバイダに代わって利用者より当該利用料金を回収し、定められた報酬をコンテンツプロバイダに支払う。報酬の算定データはヤマダ動画LIVEのサーバ利用ログデータを基準とする。コンテンツプロバイダは管理ページを随時閲覧し、データの算定に疑義がある場合には、疑義発見から24時間以内に電子メールによってヤマダ動画LIVEに連絡すること。

h. 非雇用関係

コンテンツプロバイダは、ヤマダ動画LIVEの社員あるいは請負契約者ではない。よって、本契約書に準拠して発生した税金の支払いについては、全てコンテンツプロバイダが責任を負うものとする。

i. 契約書の変更

ヤマダ動画LIVEは、コンテンツプロバイダへの事前通達なくこの契約書を変更することが出来る。こうした改訂または変更は、その内容がコンテンツプロバイダの管理ページに記載されると同時に、またはその通知が電子メールでなされると同時に発効となり法的拘束力を持つ。
コンテンツプロバイダはこれらの変更や改定内容確認その他を目的にコンテンツプロバイダ用の管理ページを定期的に閲覧しなければならない。

j. 契約期間

本契約書の有効期間は月極とし、契約終了の場合を除き自動更新される。いずれの当事者も、理由の如何に関わらず、電子メール、ファックス、手紙その他書面による契約破棄通知をもって、本契約書を即時破棄することが出来る。

k. 免責事項

コンテンツプロバイダは、弁護費用・保証金の支払いに同意し、いかなる損失、責任、賠償、損害、経費・費用、訴訟原因、訴訟、法的手続き、判決、裁決、刑の執行、担保権にもヤマダ動画LIVEやその役員、取締役、
所有者、株式所有者、会員、従業員、弁護士、後任者、エージェント、受託人、代理人にその責任を問わないことに同意する。また、本契約書で同意した期間、条件、規約、規則、保証、説明の破棄またはそれに関連して発生した、
あるいはコンテンツプロバイダ提供のコンテンツ、コンテンツプロバイダへのヤマダ動画LIVEのビジターに関連して発生した訴訟や損害賠償、
あるいは弁護士費用に関しても、コンテンツプロバイダが責任を負うものとし、上記ディストノアの関係者は免責される。

l. 弁護士費用

本契約書の条件施行に関しては、敗訴当事者が勝訴当事者の裁判費用、相応の弁護士費用等、全ての法的コストを支払う。

m. 譲渡

コンテンツプロバイダは、ヤマダ動画LIVEから事前に許可書を得ることなく、本契約書を譲渡してはならない。

n. 完全合意

本契約書(「ヤマダ動画LIVEの規約および規定」を含む)は、コンテンツプロバイダとヤマダ動画LIVEの間で完全合意した内容であり、コンテンツプロバイダとヤマダ動画LIVEの間で以前に交わされていた本契約書に関係する全ての同意事項に優先する。

o. 可分性

本契約書の条項が、裁判所により無効あるいは施行不能とされた場合でも、 当該条項を以外の本契約書の内容は有効とされる。